1. 永井義直 グループ代表

    永井義直

    Yoshinao Nagai 詳細
  2. 菅野智洋 取締役副社長

    菅野智洋

    Tomohiro Sugeno 詳細
  3. 森田浩文 最高技術責任者

    森田浩文

    Hirofumi Morita 詳細
  4. グエン ティ ロアン マナボックスベトナム代表

    グエン ティ ロアン

    Nguyen Thi Loan 詳細
永井義直
グループ代表

永井義直

ナレッジ活用のプラットフォームを提供したい。

2006年よりみすず・あらた監査法人(PwC)にて主に製造会社の法定監査や内部統制のアドバイザリー業務に携わる。
その後、ベトナムハノイの大手コンサルティング会社にて120社を超える日系企業を支援。
「グローバル経営管理の仕組み、プラットフォームを創る」との想いから2014年株式会社マナボックス、2015年マナボックスベトナムを設立
多言語タスク管理グループウェアKnowledge Box, 経理実務テストkipの開発者

1981年 東京都小金井市生まれ
明治大学商学部卒業
日本国公認会計士

菅野智洋
取締役副社長

菅野智洋

製造会社の現場の生を知る会計士

2006年よりみすず・あらた監査法人(PwC)にて主に製造会社の法定監査や内部統制のアドバイザリー業務に携わる。
2013年よりインド進出の日系企業の経理の部門長として従事。また、内部監査人として任命される。
2016年よりマナボックス参画。

国内市場が超成熟する中、日本からの海外進出企業の成功が必須という状況のもと日本人のさらなる活躍が重要だと考えている。「仕組み」によって海外管理業務を標準化し、効率化することによって付加価値の高い業務への時間を増やし、経営管理のレベルを向上していくことが必要。そのために海外子会社の様々な問題を解決するため「仕組み」を構築することを支援したいと考えている。

インドの製造業時代、誰がなにをやっているかわからない状況の中、日々ルーティンワークの確認、催促に疲れ果てる。そのような状況の中、信じられないような盗難、税務ペナルティを目の当たりにする。また短期間でアシスタントマネージャー、マネジャー計4名の退職を実体験。経理等の管理業務を「標準化」、「見える化」しないと始まらないとの考えが強くなる。

海外子会社を「仕組み」により日本と海外、現地駐在員と現地スタッフを繋ぎイキイキした会社を世界中に増やしたいと考えている。

1979年 福島県二本松市生まれ
立正大学文学部英米文学科卒業
日本国公認会計士

森田浩文
最高技術責任者

森田浩文

Knowledge Boxでグローバル経営管理のプラットフォームをつくる!

早稲田大学理工学部卒。
パイオニア、ワークスアプリケーションズ、チームラボにてエンジニアとして従事し、新規事業立ち上げ時のウェブサービスの開発から、大規模ウェブサービスの運用など、開発の上流から実装、運用段階まで幅広く携わる。Knowledge Boxの開発・メンテナンスの責任者。

グエン ティ ロアン
マナボックスベトナム代表

グエン ティ ロアン

ベトナム No1 の経理税務実務教育者!

2015 年より出資者兼ディレクターとしてマナボックスへ参画

これまで日系企業 150 社、アカウンタント 700 人以上を支援・指導し、経理実務テス ト「kip」やベトナム税務リスクチェックリストを開発してきた教えるプロ

ベトナムの経理レベルを向上させたいと考えている。